こんなときは漢方薬

こんなときは漢方薬

胃酸過多症(いさんかたしょう)

胃から分泌される胃酸や消化酵素が多過ぎると、胃・十二指腸の粘膜が障害され、ひどくなると潰瘍ができます。 【症状】 ①胸やけ ②ゲップ ③空腹時や夜間の痛み ④胃が重くもたれたり圧迫感や緊張感 ⑤生つば、胃液のこみあげ ⑥全...
こんなときは漢方薬

慢性胃炎(まんせいいえん)

胃粘膜がボツボツと盛り上がり、ただれ、出血や痛みを伴う糜爛(びらん)肥厚(ひこう))性胃炎と分泌機能が弱まる萎縮性胃炎のふたつに分類されます。 【原因】 胃はストレスなどの神経作用に影響されやすいです。 長期間の暴飲暴食、不規則な...
こんなときは漢方薬

胆石(たんせき)

コレステロール・ビリルビンが固まったものが胆石。これが激しい痛みの原因です。 【症状】 ①激痛(右肋骨の下を中心に、みぞおち~右上腹部、右背~右肩に拡散する) ②身体をエビのように曲げ右側を下に横たわり転げまわる人が多い。数分~数...
こんなときは漢方薬

扁桃炎(へんとうえん)

扁桃は細菌から身体を守る「関所」の役目を果たします。 【原因】 過労、風邪、気候の変化などが誘引となりブドウ球菌、溶連菌(ようれんきん)などの細菌の感染が原因で起こります。 【症状】 ①発熱(39〜40度) ②寒気や震え ...
タイトルとURLをコピーしました