肥満

こんなときは漢方薬

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

静脈が異常に拡張し延長して蛇行した状態を静脈瘤と言い、下肢に多く食道、精索、肛門の周囲にもできる。 【症状】 長く立っていた後に ①ふくらはぎ・膝の裏が重苦しい鈍痛 ②足が重い ③青く腫れぼったい ④疲れやすい ⑤静脈炎か...
こんなときは漢方薬

痛風(つうふう)

痛風とはひどく傷んで苦しむという意味です。 この痛さは病気に罹った人にしかわからないほどの痛みのようです。 【症状】 ①足の親指の付け根が赤く腫れる ②熱を持って、突然猛烈な激痛に見舞われる ③2回目以降はあらゆる関節や腱、粘...
こんなときは漢方薬

肝臓病(かんぞうびょう)

昔から大切なことを「肝心要(かんじんかなめ)」と言いますが、それほど肝臓が重要であるということを示す漢法の言葉です。 肝臓は新陳代謝、解毒作用、胆汁の製造、ビタミン・血液の貯蔵と活性化、ホルモンの調整など約500種以上の仕事を昼夜休むこと...
こんなときは漢方薬

多汗症(たかんしょう)

【症状】 ①神経質で精神の興奮を起こしやすい人 ②バセドウ病や貧血 ③脳溢血 ④脊髄の病気の時におこる「全身性多汗症」 ⑤手のひら、足の裏、脇の下、顔、腰から下、身体の半身に汗をかく「局所性多汗症」 があります。 わきがも多汗...
タイトルとURLをコピーしました