動悸

こんなときは漢方薬

息切れ(いきぎれ)

”自らの心”と書いて「息」です。 肺の異常や心臓の弱まりでうっ血し、貧血で酸素の運搬が円滑に行かず息切れしたり息苦しくなります。 【原因】 気管支喘息、アレルギー性鼻炎や心臓の病気(心臓神経症、心臓弁膜症、心筋梗塞)など。 【症状】 ①...
こんなときは漢方薬

更年期障害(こうねんきしょうがい)

女性の生理が止まる40〜50歳前後の時期を更年期と呼び生理不順、卵巣の老化とともにホルモン分泌がアンバランスになります。 【症状】 自律神経失調などで不定愁訴として ①のぼせ ②足冷 ③頭痛 ④めまい ⑤発汗 ⑥肩こり ⑦動悸 ⑧しびれ ...
こんなときは漢方薬

神経衰弱(しんけいすいじゃく)

神経症(ノイローゼ)の中のひとつに神経衰弱があります。心身の過労が原因でおこり検査をしても全く異常がないのに、本人は肉体的・精神的症状を訴えます。 【原因】 神経衰弱になりやすい人は罹りやすい素質的なものがあって、これに生活環境と引き金に...
こんなときは漢方薬

狭心症・心筋梗塞(きょうしんしょう・しんきんこうそく)

【原因】 冠状動脈が硬化すると血液の流れが悪くなり心臓の筋肉は酸素不足となる。狭心症は酸素不足の程度が軽く、短い時間で障害も残らず回復するが、心筋梗塞は酸素不足の程度が重く長く続き心筋の壊死をおこします。 【症状】 ①息苦しい ...
タイトルとURLをコピーしました