肝臓

こんなときは漢方薬

慢性肝炎(まんせいかんえん)

だるい、疲れやすいなどの症状で、風邪と間違えやすく慢性肝炎と気付かず悪化する場合があります。 【原因】 ①急性肝炎(B型肝炎か非A・非B型肝炎)から移行する場合 ②原因は分からないがストレスなどで最初から慢性肝炎として発病する場合...
こんなときは漢方薬

急性肝炎(きゅうせいかんえん)

急性肝炎はA型肝炎、非A・非B肝炎などに分類されます。 【原因】 肝炎ウイルスの感染で起こる。(ウイルスAに感染するとA型肝炎になる) 【症状】 潜伏期は15日〜60日。 ①急にだるくなる ②食欲がない ③吐き気 ④...
こんなときは漢方薬

脂肪肝(しぼうかん)

肝臓障害で肝細胞に多量の脂肪が溜まった状態です。 【原因】 脂肪肝は四塩化炭素やリンによる肝臓毒、ウイルス性肝炎、肥満症、糖尿病、甲状腺機能亢進症などによく見られます。 最大の原因は大酒飲みによる脂肪肝です。アルコールを連日多量に...
こんなときは漢方薬

肝臓病(かんぞうびょう)

昔から大切なことを「肝心要(かんじんかなめ)」と言いますが、それほど肝臓が重要であるということを示す漢法の言葉です。 肝臓は新陳代謝、解毒作用、胆汁の製造、ビタミン・血液の貯蔵と活性化、ホルモンの調整など約500種以上の仕事を昼夜休むこと...
タイトルとURLをコピーしました