腰痛

こんなときは漢方薬

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

神経痛の中でも一般的なもので、体位を変えるときに坐骨神経に沿って痛みが起こるのが特徴です。 【原因】 ①腰椎の障害(椎間板ヘルニア・脊髄や脊椎の変形か腫瘍による神経の圧迫) ②糖尿病や癌など内蔵の病気 等が原因となり神経が周囲の...
こんなときは漢方薬

ぎっくり腰

【原因】 ①中腰で重いものを持ったとき ②くしゃみ、咳をしたとき ③自転車をこいでいるときなどに”ギクッ”っと突然腰痛を起こします。 変形性脊椎症、骨粗鬆症、椎間板ヘルニアなどが原因の場合や、運動不足により腹筋や背筋の弱りもあり...
こんなときは漢方薬

風邪(かぜ)

風邪は万病の元。こじらせると扁桃炎や肺炎の大病にもなる。肝炎や腎臓病の初期にも風邪に似た症状がはじめにあり要注意です。 【症状】 ①くしゃみ ②鼻水 ③鼻づまり ④のどの痛み ⑤せき ⑥痰などの呼吸器症状 ⑦発熱 ⑧頭...
こんなときは漢方薬

腰痛(ようつう)

腰という字は、にくづきに要(かなめ)と書く。 肉体の中心である腰の痛みは、全身的にも何か問題があるという意味です。 腰痛は、中年を過ぎて現れる事が多かったために”四十腰”と呼ばれましたが、最近では若者にも増えています。 ぎっくり腰...
タイトルとURLをコピーしました